ますます進化する、東京湾岸エリアのマンション購入・売却は東京湾岸不動産

東京湾岸不動産

TOP > 買いたい > 購入をご検討の方へ

東京湾岸エリアにて、不動産をお探しの方

 東京の湾岸エリアでは、2000年以降に大規模なマンション
開発が進み、現在も次々と開発が進められています。

 その背景には、規制緩和により1997年から指定することが出来る
ようになった「高層住居誘導特区」の制度があります。 これにより都心部での土地有効活用が可能になり、デベロッパーが高層マンションを建設できるようになったのです。

かつて湾岸ブームといわれた2002年から2006年には年間の供給戸数が2000戸を大きく上回るほど供給され、 その後も年間1800戸前後が供給され続けています。

 そして、街の成熟にともない中古不動産の流通市場も活発になってきました。 これから、東京の湾岸エリアでマンションを検討するときには、新築だけでなく中古の選択肢が広がってきたのです。 新築マンションには最新の設備やデザインが楽しめるうえに、やはり新築ならではの魅力があります。 しかし、中古を選ぶ人が増えてきている理由としては、実物を見られる安心感と、 現に運営されているエントランスや共用施設の雰囲気を確認できることなどが挙げられます。

 ところが、中古マンション購入の検討をはじめると、東京の湾岸エリアは短期間に集中して開発されたことにより、 築年数も雰囲気も似たような物件が数多く見られます。しかし、世の中に二つとして同じものがあり得ないのが不動産です。 似ているようでも本当は一つ一つ違うのです。

 マンション購入を決意するとき、そのマンションの魅力は何なのか?価格は適正か? そこで住むことにより得られるものは何なのか?当然そのような疑問が生じます。 都心のマンションを購入するということは、同時にその街の魅力を手に入れるとも言えます。

東京湾岸エリアのマンション購入に関するお悩みは、
ぜひ私たち「Tokyobay Realestate / 東京湾岸不動産」にご相談ください。

買いたい

売りたい